必見!結納金の表書きと中包みの書き方

結納金の表書きと中包みの書き方

さてそれでは、結納金の表書きの書き方について見ていきましょう。実際にご自分で書かれる方の参考にもなるのではと思います。

表書きの名称

結納金の名称については、様々な名称があります。もともと結納金は今の様に現金ではなく着物や帯の現物で差し上げていました。それが今では現金化されて結納金となっていることもあって、その名残の名称が付けられているわけですが、

関東では「御帯料」(おんおびりょう)、関西では「小袖料」(こそでりょう)、関西でも京都や滋賀では「帯地料」(おびじりよう)、九州や四国では「結納料」(ゆいのうりょう)という名称が良く使われています。

いずれも結納金のことを指す名称ですので、地方の区別なくどれを使っていただいても問題はないですが、思いを伝えるという意味からいえば、自分の地方の名称で書いていただくのが自分らしさがあって良いのではないでしょうか。

結納金らしくしたくない場合

結納金の受け取りを辞退されているが、こちらとしては気持ちとしてお渡ししたい。それならば二人のために使ってほしい。というお考えのケースが最近増えています。

この場合の表書きは「寿」と一文字書いて頂くのがベスト。少し曖昧な雰囲気もないわけではありませんが、広くこちらの喜びの気持ちを表現する最良の名称だと思います。

またはっきりと支度金として差し上げたいということが決まっている場合はそのままずばり「支度金」または「御支度金」として頂くのもありです。

表書きはどちらに合わせるのか

結納は男性側の気持ちを形に表したものなので、名称については男性側の地方での一般的な名称を使っていただくのが良いと思います。もちろん相手様の地方に合わせるというのも間違いではありませんので、その辺りは考え方次第だとは思います。最終的には男性側が判断して決めましょう。

結納返しの場合の名称

結納返しの場合の名称

これは全国的に見てもほぼ「御袴料」(おんはかまりょう)、それ以外を使うことはないと言っても過言ではないです。婿養子様の場合も同じくこの名称を使います。

女性に対する結納金と同じく、男性物の着物や帯の現物で差し上げていたものが現金化されたものです。

表書きの書き方

まずは真ん中より上の部分に結納金の名称を書きます。上下の真ん中より上の部分です。袋のタイプなどは直に書いていただいてもOKですが、札紙に書いていただいたものを差し込んでいただくほうが良いでしょう。袋に直書きしないと失礼ということは全くありません。

苗字などをかくべき?

結納金の場合は正式にはご苗字などは書ないものとされています。差し上げる側と頂く側が決まっていて、他の方から頂くということはありえないからです。

ただどうしても書いておきたいという場合や様々な考え方がありますので、書いて頂いても間違いではありませんし失礼に当たるという事は全くありません。

御祝いなど不特定多数の方から頂くようなものは書いておかないと誰から頂いたものかわからなくなりますので、この場合は書きます。

記念品などの代わりにお金でという場合

記念品の代わりにお金で

そのものずばりの名称で「記念品の名前」に「料」を付けます。背広料・登慶恵料・十慶料・・いろいろ考えられます。また記念品を差し上げることは決まっているけれど品物がはっきりと決まっていない場合などは大きなくくりで「記念品料」「御土産料」などとします。

まとめ 結納金の名称

一般的な名称として

  • 御帯料(関東・東北・北海道)
  • 小袖料(関西)
  • 帯地料(京都・滋賀)
  • 結納料(九州・四国)
  • 御袴料(※養子様や結納返し)

結納金らしくしたくない場合

  • 寿
  • 支度金

記念品の代わりにという場合

  • 記念品料
  • お土産料
  • 登慶料、背広料など

中包みの書き方

次に「中包み」に金額を書き入れてみましょう。

中包みは、現金を直接包み込むための中封筒のようなもので、結納用は「赤」結納返し用は「青」の帯の入ったものを使います。

中包みの書き方

  1. 金封の表書きに書いたものと同じ名称を肩書に書きます。(中心よりやや右側の少し上)
  2. 金額は真ん中に肩書よりも大きめに書きます。
  3. 金額の初めに箇条書きの様に「一」(※いち)とします。
  4. 数字は1=壱・2=弐・3=参・5=五・7=七・8=八・10=壱拾・100=壱百

いかがでしたでしょうか? 書けましたでしょうか?

ところで、これって自分で書かないといけないの?書いてくれるところはないの?

自分で書き入れるとなると、正直なところ表書き・中包みなどのいわゆる代筆・筆耕は一番頭の痛い問題かもしれません。

自分で書いてみるのがちょっと難しいかなという場合結納ドットコムのサイトなどで代筆をしてもらったものを購入するという方法がおすすめ。代筆はもちろんマニュアルももらえ、恥をかかずに結納金をお渡しするためのノウハウも、納得いくまで徹底的に教えてくれます。

表書きと中包みが用意出来たら、結納金を外袋もしくは外箱の中に入れてみましょう。

結納金を入れる入れ物、柔らかい和紙で折られた袋のタイプの場合、掛かっている水引を外してしまうと今度は水引をはめるのが大変だったりします。うまくきれいに入れるにはちょっとしたコツがあります。
結納金を入れる入れ物、箱のタイプの入れ方。袋のタイプは入れる金額に限界がありますが、箱のタイプなら、深さは、浅いものから深いものまであり、結納金200万~500万と包む額が多い場合でも対応できます。

結納全般についてご質問がございましたら何なりとお尋ねください。
結納のプロとして最適なアドバイスを差し上げたいと思っています。

9:00~18:00(木曜除く)
<電話料 無料>0120-22-7637

この記事を監修してくれた人

小林 憲司
小林 憲司結納ドットコム
結納ドットコム、ウェブマスター
1996年のホームページ開設以来20年間で年間平均1200件のべ2万件を超える結納品の通販実績を誇る。

時代のニーズに合ったスマートな結納の企画・製造・販売を手がける傍ら、冠婚葬祭に関するアドバイザーもつとめる。冠婚葬祭で悩める人々の救世主となることが第一の目標。

シェアしていただけるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければフォローして下さい