結納金300万円の場合に最適な入れ物は?

100万円程度までの結納金を包まれることが多い中、場合によっては結納金300万円や500万円といった場合もあります。特に婿養子様の場合、結納金は300万ということが割とあります。

さてこのように結納金の金額が多い場合はどんな入れ物に入れたらよいのでしょうか?一般に結納金の入れ物としては、和紙で折った袋のタイプを使用することが多いのですが、金額が多い場合は袋のタイプでは正直なところ厳しい。

300万対応・結納金封「鶴亀」

こちらの金封のように縦25×横17cmと大きめの袋ならば300万位までなら入らないこともないものもありますが、できれば深さがある箱のタイプがよりベターかも。

300万対応・結納金桐箱「鶴」

300万のお札で約3cmの厚さがありますので、中包みの厚みも含めると箱の厚みとしては4cm位は欲しいところです。こちらの引き出し式の箱は深さ4cmと300万を入れるにも申し分ない上、桐箱を使っているため、高額を包むのに見合ったそれなりの形が整えれると思います。防虫、防カビ、また火や水に強く、耐久性も高い優れた性質を持つ桐。これは最強の結納箱かもしれない・・

Q:結納金200万円の場合は袋、それとも箱?

結納金200万の場合、300万に比べて100万も少ないのだからわざわざ桐箱にしなくてもと思われるかもしれませんが、圧倒的に桐箱にされる方が多いように思います。上のお写真の300万対応の箱にゆったりと200万入れるというのもありですし、3cm程ともう少し薄い200万対応の桐箱もあります。

結納金200万対応桐箱「花丸」

この記事を監修してくれた人

小林 憲司
小林 憲司結納ドットコム
結納ドットコム、ウェブマスター
1996年のホームページ開設以来20年間で年間平均1200件のべ2万件を超える結納品の通販実績を誇る。

時代のニーズに合ったスマートな結納の企画・製造・販売を手がける傍ら、冠婚葬祭に関するアドバイザーもつとめる。冠婚葬祭で悩める人々の救世主となることが第一の目標。

シェアしていただけるとうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければフォローして下さい